出会いと再会

03/13 今、私は娘の高校受験の面接に同行し

受験番号「1」番なので

駐車場で娘の大役を終えるのを待っている

つい先ほど

受付を終え

娘の背中を「ポンっ」とたたき送り終えたところ

車で待機しようと戻ったとき、他校の受験生の男の子に声をかけられた

何かと思い車を降りたら…

夏にサロンメンバーで海水浴場でバーベキューをしたときに

そこで遊んでいた地元の中学生

食材が余ってもいけないのでその子らに声をかけ御馳走した中学生だった

その子たちとはその時、割と長い時間を共有した

そー言えばその時の世間話の中で

「娘と同じ高校同じ専攻科を希望してる」

と言っていたよな!

まさかこんな形で再開があるとは💦

「その節はありがとうございます」 と

なんか声かけられ嬉しかった

覚えてくれてたことも嬉しかった

また、

声をかけた子に時を経て声をかけられた出会いの不思議さを感じた

そんな思いを馳せながら

今、私は娘の人生初の大役を切に願い待っている